間違った洗顔

顔を洗うことは、スキンケアにおいて当然のことといえます。ただ毎日洗えばいい、なんて思っている方が居たら、その方のお肌のコンディションは危険です。特に、洗顔後にタオルでゴシゴシ拭く方が多いのではと思いますが、これはやめましょうね。

力を入れて拭くのではなく、やさしく軽く押さえるように、水気を拭き取れば良いだけです。洗顔は毎日行うものだからこそ、毎日の積み重ねでお肌もだんだん変化していくのです。ですから、この機会に、今日から気をつけてみてはいかかですか?また、洗うときの力のいれかたはどうでしょうか?大雑把に勢いだけで、顔を洗っている方もいるのでは。

しかし、この洗い方では、いくら洗顔料を泡立ていて効果は激減してしまいます。力を入れて洗うことで、皮膚がたるみシワの原因にもなりますので、気をつけましょう。指の腹で洗うようにすれば、力が入りづらくなります。

力の加減は熟れた桃を触るようにやさしくが基本です。順番としては、Tゾーンを最初に洗って、汚れや余分な皮脂を落とします。それから頬などの残りの部分を、やさしく洗うと良いですよ。洗顔料を、しっかりと泡立てることも忘れずにしてくださいね。

肌を傷めずに洗顔することが出来ます。最近は、大変多くの洗顔料がありますので、ご自分にあったものを見つけ、正しく洗顔するようにしましょう。毎日の洗顔を、見直すと良いかもしれませんね。