コットンは肌に悪くない

貴方は化粧水をつけるとき、コットンを使用していますか?それともコットンを使用せず、手でパッティングしていますか?

コットンを使用するのはあまり良くないという話。コットンの繊維が、肌を傷つけてしまうというような話を聞きます。だから手でパッティングするのだと。確かにコットンは繊維から出来ていて、肌に強く擦りつけてしまったら良くないと思います。

繊維の何本かが肌に残ってしまったりもするので、使い方次第ではあまり良くありませんね。ですが、本来の使い方で使用すれば、全く問題ないんです。コットンに使われている繊維はとても柔らかいもので、化粧水をしみ込ませるとさらに柔らかくなるようになっています。

各化粧品メーカーでも、化粧水などをコットンを使用してつける事を薦めていますよね。化粧水を手に取って、顔につけようとすると、顔につける前にいくらか手が吸収してしまうんです。充分な量の化粧水などを肌に行き渡らせるには、コットンが適しているという事なんですね。

手でマッサージをしながらつけているという方もいますので、手で直接ケアをしたいという方は手でも良いと思いますが、コットンは肌に悪いという誤まった考えでコットン使用を諦めているのならば、是非違うと教えてあげてください。


このブログ記事について

このページは、ichiが2011年9月 1日 12:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「クレイ洗顔」です。

次のブログ記事は「オススメ制汗」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

Powered by Movable Type 5.031