タバコと美容

タバコは美容によくないと聞いた事はありませんか?美容に良くないからとタバコをやめる人は本当に多いものです。実は私も美容のためにタバコをやめた人の一人です。では実際にタバコが美容にどのような影響を与えるのでしょうか。まずタバコの主成分であるニコチンには血管を収縮させて血行を悪くする働きがあります。

喫煙することによって体内に一酸化炭素がとりこまれてしまうのですが肺から入った一酸化炭素は酸素よりも先に赤血球とくっついてしまうために、血液中の酸素濃度を低くします。すると体の細胞に酸素が十分いきわたらなくなるために機能が低下します。酸素が供給されない事によって唇や肌の色が悪くなり「紫色の唇」になりやすいので喫煙者だという事が外見からわかるのです。

またタバコ1本で25~100mgのビタミンを破壊すると言われていて、慢性的なビタミンC不足になります。ビタミンCにはメラニン色素を防ぐ役割があるのでビタミンCが欠乏するとシミやソバカスなどを作ってしまう原因になり、またビタミンCには肌の弾力を保つのに欠かせないコラーゲンを助ける作用があるのでビタミンC不足は肌のハリやツヤが失われるのでシワやタルミにもつながるのです。またタバコにはタールという成分も含まれていて肌の色をわるくし、歯に付着すると歯は黄色く、歯ぐきは黒ずみ、口臭の原因にもなります。

最近では女性向きにかわいらしいパッケージのタバコも多く売られていますが、「百害あって一利なし」と言われるものです。喫煙者の人には美容と健康の為にもう一度よく考えて欲しいものです。


このブログ記事について

このページは、ichiが2011年6月29日 20:56に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「美容に効果的な栄養素」です。

次のブログ記事は「毛穴の黒ずみに」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

Powered by Movable Type 5.031